メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

完成まであとわずか、新駅「高輪ゲートウェイ駅」 山手線など工事で一部運休

 JR東日本は16日朝、山手線の田町―品川駅間に建設中の高輪ゲートウェイ駅を報道陣に公開した。同駅は1971年開業の西日暮里駅以来、同線30番目の駅。2020年春に暫定開業する。

 工事の進捗(しんちょく)率は約9割。地上3階・地下1階で、建物の高さは約30メートル。折り紙をモチーフにした屋根や、ガラス張りの大きな吹き抜けが特徴だ。現在、ホームや外装などの仕上げに取りかかっている。

 新駅は新国立競技場を手がけた建築家、隈研吾氏がデザインを担当した。東京五輪・パラリンピックの開催直前に暫定開業し、本格開業は24年の見通し。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号、24~25日に東日本から東北に接近の恐れ 土砂災害など警戒を

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 歌手の守屋浩さん死去 81歳 「僕は泣いちっち」「大学かぞえうた」

  5. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです