特集

カルチャープラス

カルチャー各分野をどっぷり取材している学芸部の担当記者が、とっておきの話を報告します。インタビューの詳報、記者会見の裏話、作品やイベントの論評など、さまざまな手法で、カルチャー分野の話題の現象を記者の視点でお伝えします。

特集一覧

村上春樹をめぐるメモらんだむ

新作短編と「善悪の同時存在」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「文学界」2019年12月号表紙
「文学界」2019年12月号表紙

 村上春樹さんの新作短編小説「謝肉祭(Carnaval)」が、文芸誌「文学界」12月号に掲載された。これは昨年から同誌に断続的に発表されてきた連作短編「一人称単数」の「その6」すなわち6作目に当たる。また、今号は「村上春樹・作家生活40年」を特集していて、村上さんと交友のある人類学者で京大学長の山極寿一氏、今年芥川賞を受賞した気鋭の作家、上田岳弘氏ら4人が寄稿している。

 この連作については、今年の同誌8月号に「その4と5」2編が発表された折にも記事を書き、いずれの作品にも共通して音楽(広い意味での「歌」)が鳴り響いていることを指摘した。この点、「謝肉祭(Carnaval)」も、まさにシューマンのピアノ曲「謝肉祭」が重要な役割を果たしている。タイトルに添えられたアルファベットがフランス語つづりなのも(英語ならcarnival=カーニバル)、シューマンの曲によってい…

この記事は有料記事です。

残り3575文字(全文3961文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集