メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

村上春樹をめぐるメモらんだむ

新作短編と「善悪の同時存在」

「文学界」2019年12月号表紙

 村上春樹さんの新作短編小説「謝肉祭(Carnaval)」が、文芸誌「文学界」12月号に掲載された。これは昨年から同誌に断続的に発表されてきた連作短編「一人称単数」の「その6」すなわち6作目に当たる。また、今号は「村上春樹・作家生活40年」を特集していて、村上さんと交友のある人類学者で京大学長の山極寿一氏、今年芥川賞を受賞した気鋭の作家、上田岳弘氏ら4人が寄稿している。

 この連作については、今年の同誌8月号に「その4と5」2編が発表された折にも記事を書き、いずれの作品…

この記事は有料記事です。

残り3725文字(全文3961文字)

大井浩一

1987年入社。東京学芸部編集委員。1996年から東京と大阪の学芸部で主に文芸・論壇を担当。村上春樹さんの取材は97年から続けている。著書に「批評の熱度 体験的吉本隆明論」(勁草書房)、共編書に「2100年へのパラダイム・シフト」(作品社)などがある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです