メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博多港引き揚げの歴史 語り継ぐ女子大学生2人「戦争のありのままの姿を」

引き揚げの歴史について話し合う福岡女子大の村田ももさん(左)と竹山葵さん=福岡市東区の福岡女子大で2019年10月28日午前11時9分、飯田憲撮影

 太平洋戦争後の大陸から博多港(福岡市)への引き揚げを巡り、大学生2人が体験者の記憶を引き継ごうと、語り部を目指している。戦後、博多港には国内最大級の139万人が下り立ったが、引き揚げ港があった他都市と比べ、公立の資料館がないなど体験を継承する仕組みが乏しい。そんな中、若者2人が立ち上がり、体験者の声に耳を傾けている。

 2人は、福岡女子大国際文理学部3年の竹山葵さん(21)と、村田ももさん(21)。

この記事は有料記事です。

残り1539文字(全文1740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです