メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京アニ「けいおん!」モデル 豊郷小学校旧校舎群で「軽音楽甲子園」

「聖地」で熱唱する高校生たち=滋賀県豊郷町石畑の豊郷小学校旧校舎群講堂で2019年11月16日午後1時56分、西村浩一撮影

 人気アニメ「けいおん!」の校舎のモデルとされる滋賀県豊郷町の豊郷小学校旧校舎群の講堂で16日、全国の高校生バンドが実力を競う「第9回とよさと軽音楽甲子園」が開かれた。アニメを手がけた京都アニメーションの放火事件後としては初の開催。「京アニへの思いを込めた」というバンドもあった。

 今年の大会には全国から62組の応募があった。音源審査や予選などで選ばれた11組がこの日の本選に出場。約300人の聴衆が詰めかけ、若さあふれる音楽を楽しんだ。

 名古屋市の名古屋経済大学市邨高校のバンド「アヤメ」でボーカルとギターを務めたリーダーの安江結子(ゆうこ)さん(17)は「けいおん!」を見て、高校から本格的に軽音楽を始めたといい、2年連続の出場。「事件を知り、大きなショックを受け悲しかった。京アニはアニメを通じ、現在の活動のきっかけをくれた。これからもアニメを作り続けてとの思いを京アニの皆さんに届けたい、と気持ちを込めて歌った」という。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです