メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン異例の捕手3人制 「データ白紙」国際試合で有効 16日2次最終・韓国戦

ブルペンでの投球練習後に山本(右)と言葉を交わす野球日本代表の会沢=宮崎市で2019年10月23日午前11時30分、細谷拓海撮影

 野球の国際大会「プレミア12」を戦っている日本代表「侍ジャパン」は16日、2次ラウンド最終戦の韓国戦を迎える。今大会、日本代表は1次ラウンドの3試合で、それぞれ違う捕手が先発マスクをかぶった。村田善則バッテリーコーチは「毎試合ある中で捕手にはターゲットを絞って(相手の)イメージを湧かせてほしかった」と狙いを語る。

 13日のメキシコ戦。先発・今永(DeNA)はいつもと違う姿をみせた。長距離砲がそろう相手打線に対し、カーブなど緩い変化球を多く投じた。導いたのは捕手・会沢(広島)。相手打線を分析して対策を講じた結果、6回1失点に。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです