V・ファーレン長崎 高田明氏「次の夢へ次の人に」 社長退任会見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
就任からの2年半を振り返るV・ファーレン長崎の高田明社長=長崎県諫早市のクラブハウスで2019年11月15日午前10時46分、浅野翔太郎撮影
就任からの2年半を振り返るV・ファーレン長崎の高田明社長=長崎県諫早市のクラブハウスで2019年11月15日午前10時46分、浅野翔太郎撮影

 来年1月1日での退任を発表したサッカーJ2、V・ファーレン長崎の高田明社長(71)が15日、長崎県諫早市のクラブハウスで退任記者会見に臨み、「ファン、サポーター、スポンサーをはじめ、みなさんの協力のおかげで自立できる体制ができた。次の夢、より大きなステージに向かい次の人に任せたい」と振り返った。

 高田社長はV長崎の経営難発覚後の2017年4月に社長に就任した。スポンサーの新規獲得や入場者増に取り組み、16年…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

あわせて読みたい

注目の特集