メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

服部勇馬が選手宣誓 中部・北陸実業団駅伝17日開催

中部実業団駅伝の開会式で意気込みを語る各チームの選手ら=愛知県田原市で2019年11月16日午後3時26分、鈴木英世撮影

[PR]

 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝、来年元日・群馬県)の予選会を兼ねた第59回中部、第49回北陸実業団対抗駅伝競走大会は17日午前9時から、愛知県田原市のはなとき通りを発着点に、渥美半島を巡る7区間80・5キロのコースで行われる。

     中部は9チーム(オープン参加1チームを含む)が出場して7位まで、3チーム出場の北陸は2位までが、全日本大会の出場権を獲得する。

     16日は田原市の田原文化会館で開会式が行われた。9月の東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で2位に入り、五輪切符をつかんだ服部勇馬(トヨタ自動車)が選手を代表し、「我々選手一同は、令和の幕開けにふさわしい1ページをここ田原市から作ります。台風19号で甚大な被害を受け復興に向けて歩みを進める人たちの希望となるよう、精いっぱい走ります」と宣誓した。

     この日は各チームのオーダーが発表され、中部で6連覇を狙うトヨタ自動車Aは、MGCに出場した3選手を起用。藤本拓を1区(12・0キロ)、新人の堀尾謙介を最長の4区(15・5キロ)、服部を最終の7区(11・8キロ)に据えた。昨年に過去最高の2位に入ったトーエネックは、MGC出場の河合代二が1区、服部勇馬の弟でスピードのある弾馬が3区(12・2キロ)に入った。

     各チームのオーダーは次の通り。

    (1区12・0キロ、2区8・3キロ、3区12・2キロ、4区15・5キロ、5区12・2キロ、6区8・5キロ、7区11・8キロ)

    【中部】

    ◆トヨタ自動車A=藤本、コシンベイ、西山、堀尾、大石、早川、服部

    ◆トーエネック=河合、竹内、服部弾、小山、服部潤、西川、中西

    ◆愛知製鋼=内藤、ディラング、住田、寺内、松宮、秋山、高橋

    ◆愛三工業=山口、ムワカ、菅、中西、鈴木、中舎、堀合

    ◆NTN=横井、小早川、斎田、押川、多喜端、辻野、小山

    ◆トヨタ紡織=小島、ケイタニー、大池、聞谷、山田、蟹沢、河村

    ◆中央発條=坂田、ムシオ、矢嶋、吉岡、竹内、吉見、小川

    ◆御殿場滝ケ原自衛隊=瑞慶覧、宮原、佐竹、山下、原、小林、川崎

    ◆トヨタ自動車B(オープン)=松本、チェロノ、山本、安井、近藤、森、畔上

    【北陸】

    ◆YKK=才記、キプケモイ、細森、鈴木、山田、及川、海老沢

    ◆セキノ興産=小林、カリウキ、岩崎、細川、松宮、狩野、長谷川

    ◆高田自衛隊=小浜、石黒、新井、朝賀、村山、高橋、金子

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

    2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

    3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

    4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

    5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです