メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆっくりお茶を

水曜日の勉強会 いじめは法律違反です

標高795㍍にある兵庫県神戸市の六甲山小学校では、まきストーブに火をともしました。みんなで一緒に温まっています=10月24日

[PR]

 法律ほうりつはなしなんて、コラムにいても、きっとだあーれもまないよ。だって小学生しょうがくせいにはカンケイないし、法律ほうりつなんて、はっきりってつまらないもん! そう編集長へんしゅうちょうおもっていました。

     水曜日すいようびまでは。

       ◇◆  ◆◇

     10がつ25にち一部地域いちぶちいき26にち)の毎小まいしょうめんに、「こども六法ろっぽう」というほんいた山崎やまさき聡一郎そういちろうさんが登場とうじょうしたのをおぼえていますか。その山崎やまさきさんからメールをいただきました。「いじめをふせぐための法律ほうりつ勉強会べんきょうかいひらきます。参加さんかしませんか」

     山崎やまさきさんといえば、26さい若手わかて研究者けんきゅうしゃです。小学校しょうがっこう5、6ねんせいとき骨折こっせつするほどのいじめをけました。「あのとき、もし自分じぶん法律ほうりつ知識ちしきがあれば、自分じぶんまもれたかもしれない」。そうかんがえて、重要じゅうようむっつの法律ほうりつどもにもかるように解説かいせつした「こども六法ろっぽう」をきました。それだけではありません。中学生ちゅうがくせいのころ、山崎やまさきさん自身じしんが「いじめるがわ」にまわってしまった経験けいけんもあるといいます。

     どんな勉強会べんきょうかいなのか。水曜日すいようびってみました。

     山崎やまさきさんは「六法ろっぽうではないけれど、あえて『こども六法ろっぽう』で紹介しょうかいした法律ほうりつがあります。『いじめ防止対策推進法ぼうしたいさくすいしんほう』です。いじめは起きる。でもここにいてあることを学校がっこうがちゃんとやれば、いじめが深刻しんこくするのはふせげるとおもいます」とはなしていました。

     わたしもこの法律ほうりつっていました。でも、全部ぜんぶちゃんとんだことはありません。早速さっそくんでみました。

     「だいじょう 児童じどう生徒せいとは、いじめをおこなってはならない」

     みなさん、っていましたか? いじめは法律ほうりつではっきり禁止きんしされているんです。

     だいじょうには「いじめとは」とあって「児童じどう生徒せいと心身しんしんこころからだ)の苦痛くつうかんじているものをいう」としています。つまり、いじめたがわが「いじめるつもりじゃなかった」とか「悪気わるぎはなかった」とっても、それは関係かんけいない。「いじめられたがわ」が「くるしい」「つらい」なら、それは「いじめ」でしょ、ということです。

     このほかこの法律ほうりつには、いじめをはやめに発見はっけんするために学校がっこう定期的ていきてきにアンケートなど調査ちょうさをすること▽いじめには先生せんせいがチームをんで対応たいおうすること▽「いじめるがわ」を教室きょうしつからすなど、「いじめられたがわ」が教室きょうしつ安心あんしんして勉強べんきょうできるようにすること▽「いじめたがわ」がものやおかねったり、暴力ぼうりょくをふるったりなどの犯罪はんざいにあたる行為こういをしたときは、警察けいさつ通報つうほうすること――などがかれています。

     これ、いじめっんでほしいな。いじめをするがなくなるんじゃないかな。

     いま、いじめられているにもんでほしいな。あなたは全然ぜんぜんわるくない。いじめるがわわるいんだ。「つらい」「いやだ」って、おとうさんやおかあさん、先生せんせいっていいんだよ。むしろ、どんどんったほうがいいんだ。

     って、役立やくだてる。これが本当ほんとうの、勉強べんきょうするってことじゃないかなとおもいます。【編集長へんしゅうちょう太田阿利佐おおたありさ

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

    2. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

    3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

    4. 最後のセンター試験、開始 志願者55万人 21年から大学入学共通テストに

    5. 墜落の737MAX、ソフトにまた不具合 運航再開遅れる可能性 ボーイング公表

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです