メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・ちば

バルーンアーティスト 吉井小也香さん(34) /千葉

吉井小也香さん

 「2部門での優勝が信じられず、うれし涙が止まりませんでした」

 8月に名古屋市で開かれたバルーンアートの国内最大規模の大会「JBANコンベンション」で、「ブーケ」と「アレンジ」の両部門でダブル優勝した。ブーケは誕生日にキャンディーをもらって喜ぶ少女を約100個の風船で表現。アレンジは、花屋の開店を祝って、妖精が鉢に水を与えるシーンをイメージした。目新しい発想とデザインに加え、色彩の豊かさも評価された。

 銚子市内で飲食店を経営していた時に、ネットでバルーンアートの存在を知り、「私も作りたい」と、のめり込んだ。その頃に結婚した夫も好意的に見守ってくれた。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃える 馬4頭取り残され、3人病院搬送 滋賀

  3. 愛知で新たに88人感染 名古屋市は50人

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 沖縄知事 国にコロナ水際対策強化要望 航空便搭乗前にPCR検査求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです