能で旅する中世、近江舞台に描く 井上さん、本出版 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「近江の能」を出版した井上由理子さん=大津支局で、北出昭撮影
「近江の能」を出版した井上由理子さん=大津支局で、北出昭撮影

 大津市在住の文筆家、井上由理子さんが「近江の能―中世を旅する」を出版した。近江を舞台にした能15曲の演目を中心に能と旅の案内本となっている。サンライズ出版。2500円(税別)。

 能は、道行(みちゆき)の段で風景や旅の様子が謡われ、「中世の名所旧跡のガイドを果たしている」と見立てる。近江は古来より、都と東国をつなぐ地で、能にもよく登場。同書は中世と現代、能と旅を結ぶユニークな書籍に…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

あわせて読みたい

注目の特集