メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京マラソン、一般参加取りやめ 新型肺炎拡大受け
語る・つなぐ

阪神大震災25年/5 出口俊一 兵庫県震災復興研究センター事務局長

出口俊一さん=神戸市長田区で2019年10月28日午後0時41分、春増翔太撮影

 阪神大震災(1995年)で大半が焼失した神戸市長田区の新長田駅南地区(20・1ヘクタール)の再開発事業が四半世紀を経て、終了する見通しとなった。計画段階から街の移り変わりを見続けた民間機関「兵庫県震災復興研究センター」事務局長の出口俊一さん(71)は、被災者を優先した支援や街づくりの重要性を念頭に、災害復興を市民目線で問い続けてきた。25年で得た教訓について聞いた。【春増翔太】

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  4. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです