メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

語る・つなぐ

阪神大震災25年/5 出口俊一 兵庫県震災復興研究センター事務局長

出口俊一さん=神戸市長田区で2019年10月28日午後0時41分、春増翔太撮影

 阪神大震災(1995年)で大半が焼失した神戸市長田区の新長田駅南地区(20・1ヘクタール)の再開発事業が四半世紀を経て、終了する見通しとなった。計画段階から街の移り変わりを見続けた民間機関「兵庫県震災復興研究センター」事務局長の出口俊一さん(71)は、被災者を優先した支援や街づくりの重要性を念頭に、災害復興を市民目線で問い続けてきた。25年で得た教訓について聞いた。【春増翔太】

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕 

  2. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです