メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

テルアビブ・オン・ファイア 立場を取っ払ってみれば、いずれも愛すべき人々

 イスラエルとパレスチナの対立を題材にしたコメディー。これだけだと、悪い予感が漂ってきます。だって、イスラエル人がパレスチナ人を馬鹿にしたり、パレスチナ人がイスラエル人を嘲ったりするような映画なんて、見たくないじゃないですか。また、イスラエル人もパレスチナ人もどっちも同じ人間だ、みんな仲良くならなくちゃなんてお話をそのまま受け入れる気持ちにも、ちょっとなれない。現実社会の厳しい対立を踏まえた風刺にはどうしてもそれを描く人の立場、立場性が出るために表現が難しいんです。

 でもこの映画は面白い。どうして面白かったのか、私にとってそれが考えるべき課題ですが、先走りしないで…

この記事は有料記事です。

残り1320文字(全文1605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです