メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

リスト廃棄?は遅滞なく 証拠隠滅のお家芸

=松尾貴史さん作

 総理大臣主催の「桜を見る会」への支出や招待客の選定方法に疑念が募っている。いや、疑念というよりは確実に安倍晋三氏やその取り巻きが私物化して公金をほしいままにしていることは明白だと思うが、この政権になってから助長されている「証拠隠滅」の芸風がここでもいかんなく発揮されている。税金を使ってやる催しであるにもかかわらず、誰がどういう基準で選ばれ招待されていたかの検証が不可能になるように、リストや経緯の記録をイベント終了後に「遅滞なく」廃棄したのだという。

 防衛省のイラクや南スーダンでの日報を廃棄したと偽った問題と同じく、「まずいものは捨てたことにしよう…

この記事は有料記事です。

残り1182文字(全文1459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 「離さへん!」再現 朝ドラ「スカーレット」舞台で松下洸平さんトークショー

  5. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです