メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫も人も幸せに

人との関係築く部屋=香取章子

ティアハイム・ベルリンの「猫の部屋」。住居のような造りだ

 猫を保護して譲渡を目指す時、感染症対策とともに重要なのが「猫の社会化」だ。家の中で人と暮らせるように慣らしておかなければ、譲渡先を見つけるのは難しい。

 ドイツの動物保護施設「ティアハイム」では、猫たちは検疫後、ウイルス感染などの問題がなければ「猫の部屋」に移されるが、その環境の良さに目を見張った。部屋は約3~50平方メートル。家庭の雰囲気に慣らすため、ソファやベッドなどの家具を置いて居間や寝室のような造りになっている。猫用の出入り口を抜けると、日光と外気に触れられる屋外スペ…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです