メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」
号外大津園児死傷 被告に禁錮4年6月の実刑 大津地裁判決

日韓対立のスキに中露が周辺で活発化する現実 日韓防衛相会談成果なし

韓国の鄭景斗国防相(右)と会談する河野太郎防衛相=バンコクで2019年11月17日(代表撮影)

 約1年ぶりに開かれた日韓防衛相会談は、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について双方が従来の主張を繰り返し、協定失効(23日午前0時)の回避に向けた糸口はつかめなかった。日韓防衛協力の重要性では一致しながらも、元徴用工問題や輸出規制措置などによる対立を背景に歩み寄れない両国。日韓の対立を見越したように、中国やロシアなどが日本周辺での活動を活発化させており、安保環境のさらなる悪化も懸念される。

この記事は有料記事です。

残り2217文字(全文2416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです