メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日韓対立のスキに中露が周辺で活発化する現実 日韓防衛相会談成果なし

韓国の鄭景斗国防相(右)と会談する河野太郎防衛相=バンコクで2019年11月17日(代表撮影)

 約1年ぶりに開かれた日韓防衛相会談は、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について双方が従来の主張を繰り返し、協定失効(23日午前0時)の回避に向けた糸口はつかめなかった。日韓防衛協力の重要性では一致しながらも、元徴用工問題や輸出規制措置などによる対立を背景に歩み寄れない両国。日韓の対立を見越したように、中国やロシアなどが日本周辺での活動を活発化させており、安保環境のさらなる悪化も懸念される。

 日米韓防衛相会談に先立ち、写真撮影に臨んだエスパー米国防長官は、両脇に立った河野太郎防衛相、韓国の鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防相の手を取り、「協力を」と笑顔で語りかけた。だが、エスパー氏の笑顔とは裏腹に、日韓、日米韓の防衛相会談では、GSOMIA破棄の回避に向けた道筋は見いだせなかった。

 河野氏は日韓防衛相会談で、「状況を改善するために賢明な対応を求めたい」と韓国政府による破棄決定の撤回を促した。これに対し、鄭氏は「韓日間の問題解決のためには、日本側の前向きな変化が重要だ」と述べ、輸出規制の強化などを念頭に日本側に改善措置を要請した。双方が従来通りの政府の立場を主張し、議論はかみ合わない。防衛省幹部は「根っこにあるのは元徴用工問題だ。GSOMIAや輸出管理だけでは解決しない」と語…

この記事は有料記事です。

残り1871文字(全文2416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDIも携帯割安プラン導入 20ギガ4000円弱で調整 月内に公表

  2. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです