メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米韓軍事演習延期 米朝協議促す 米国防長官、北朝鮮に「誠意示して」

エスパー米国防長官=2019年8月、川田雅浩撮影

 米韓両政府は17日、今月にも例年より規模を縮小して実施するとしていた航空機を主体とする合同訓練の延期を決めた。バンコクで会談したエスパー米国防長官と韓国の鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防相が終了後の記者会見で発表した。合同軍事演習に強く反発する北朝鮮との非核化交渉の進展を狙った措置で、北朝鮮の反応が注目される。

 エスパー氏は会見で「外交的努力と平和を促進する環境作りのための善意の措置だ」として、非核化協議を後押しする意図を強調。北朝鮮に対して「相応する誠意を示してほしい。条件やためらいなしに交渉のテーブルに戻ることを促す」とコメントした。一方、鄭氏は延期の期限について「韓米間で緊密に協力して決定する」とした。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

  2. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ORICON NEWS 『夏目友人帳』新作アニメ制作決定、2021年初春上映 2つの短編エピソード

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです