メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

【日本-韓国】プレミア12で優勝し、胴上げされる日本の稲葉篤紀監督=東京ドームで2019年11月17日、梅村直承撮影

[PR]

 野球の東京五輪予選を兼ねた国際大会「第2回プレミア12」は17日、東京ドームで決勝と3位決定戦を行った。決勝は、日本代表「侍ジャパン」(2次ラウンド1位)が前回覇者の韓国(同2位)を5―3で降し、初優勝を果たした。主要国際大会では、2009年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)以来の優勝。

 日本は一回に3点を失ったが、その裏、鈴木(広島)の適時打で1点を返し、二回に山田哲(ヤクルト)の3ランで逆転。七回に浅村(楽天)の適時打で1点を加え、継投で韓国の反撃をかわした。

【日本-韓国】二回裏日本2死一、二塁、3点本塁打を放つ山田哲人=東京ドームで2019年11月17日、梅村直承撮影

 3位決定戦は延長十回タイブレークの末、メキシコ(同3位)が3―2で米国(同4位)にサヨナラ勝ちし、初の五輪出場を決めた。

 大会の最優秀選手(MVP)には鈴木が輝いた。大会ベストナインには菊池涼(広島)と鈴木が選ばれた。

 日本・稲葉監督 前回大会は(準決勝で韓国に敗れ)悔しい思いをした。何とかやり返したいという思いだった。五輪で世界一をとれるように、いい準備をしていきたい

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 「離さへん!」再現 朝ドラ「スカーレット」舞台で松下洸平さんトークショー

  5. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです