メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「プロで勝ってこい」先輩・松山の激励が支えた男子ゴルフ金谷の快挙

 大学の先輩の松山英樹に続く史上4人目の快挙を成し遂げた。17日、静岡県御殿場市で開催された男子ゴルフの「三井住友VISA太平洋マスターズ」(毎日新聞社後援)で、アマチュア世界ランキング1位で21歳の金谷拓実(東北福祉大)が通算13アンダーで優勝。倉本昌弘、石川遼、松山に続くアマでの日本ツアー制覇に「(松山に優勝を報告できることになり)うれしい」とほおを紅潮させた。

 勝負の行方を分けたのは最終18番(パー5)。ショーン・ノリス(南アフリカ)と首位で並ぶ金谷は約7メートルのパットを沈めてイーグルを奪い、ノリスはバーディー。金谷が1打差で振り切り、優勝カップを掲げた。

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです