メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沢尻容疑者 どうなる量刑 逮捕したのは麻取のライバル(スポニチ)

[PR]

沢尻エリカ容疑者逮捕

 沢尻容疑者がMDMAを所持した麻薬取締法違反の罪で起訴された場合、量刑は懲役1年6月、執行猶予3年程度になるとみられる。

     元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は「初犯ということが考慮され、執行猶予付きの判決が下される」と指摘。家宅捜索で見つかったのは約0・09グラムと少量で「普通はMDMAなら1〜2グラム程度あってもおかしくない」(若狭氏)としており、すでに一部を使用したとも考えられる。

     所持量が多くなれば、量刑が重くなることも。常習性や他人への譲渡も考えられるためで、若狭氏は「この場合は実刑になる可能性はある」とした。

     沢尻容疑者を逮捕したのは警視庁組織犯罪対策部の5課。組対は犯罪組織を壊滅へ追い込むための捜査を行っており、5課は銃器と薬物事案を専門的に担当する。

     今年3月のコカイン使用事件のピエール瀧や、今月6日の大麻密輸事件のプロスノーボーダー国母和宏容疑者(31)を逮捕したのは関東信越厚生局麻薬取締部、通称マトリ。こちらは薬物事案を専門的に扱う厚生労働省の一部門。両者はライバル関係とされ、近年はマトリの著名人逮捕が際立っていた。

     この日警視庁で行われた会見で捜査関係者は「取り調べには素直に応じ、“別に”とは言っていません」と発言。“大物逮捕”に余裕を見せていた。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

    2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

    3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

    4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

    5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです