メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

カラヴァッジョ 法悦のマグダラのマリア 悔悟の証し、晩年携え

1606年、カンバスに油彩、縦107.5センチ×横98.0センチ、個人蔵

 えも言われぬ恍惚(こうこつ)の境地にあるのだろうか。上半身を横たえ、口を半開きにして左目には涙が光る。女性の名は「新約聖書」などに登場するマグダラのマリア。イエス・キリストに出会い、罪深い娼婦(しょうふ)の身を悔い改める。信仰の喜びを得て、イエスの死と復活を見守る聖女となった。透き通るような白い肌が衣服からはだけ、画面左から放たれた光に妖艶に照らし出される。

 バロック期のイタリア人画家、カラヴァッジョは1606年、乱闘の果てに殺人を犯し、活動拠点のローマか…

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです