メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

リーマンの本気度=永山悦子

2基目の人工衛星開発に取り組むリーマンサット・プロジェクトのメンバー。右奥がプロジェクトマネジャーの三井龍一さん=東京都江戸川区で2019年10月、永山悦子撮影

 「リーマン」と聞き、普通思い浮かぶのは、あの「リーマン・ショック」だろう。しかし、今回紹介したいのは別の「リーマン」。サラリーマンたちの挑戦だ。

 その名は「リーマンサット・プロジェクト」。サラリーマンや学生たちの趣味の宇宙開発団体だ。自虐的にも聞こえる名には「日本のサラリーマンの底力を示そう」という思いを込めたそう。今月で創設5年。約600人のメンバーの大半は単なる宇宙好き。本業は別だ。それでも「たかが趣味」と言うなかれ。昨年9月にメンバーだけで開発した初の人工衛星を宇宙航空研究開発機構(JAXA)のロケットで宇宙へ送り出した。

 今は2基目開発の真っ最中。プロジェクトマネジャーの三井龍一さん(36)は「自慢したい技術が、本当に…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです