メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

作家・門井慶喜さん 敗戦直後「文化の価値」とは 古典籍巡るミステリー『定価のない本』刊行

 作家の門井慶喜さんが、敗戦直後の東京・神田神保町を舞台にした長編小説『定価のない本』(東京創元社)を刊行した。これまで多くの歴史小説を書いてきた門井さんにとって、「現代小説を除けば、終戦直後は一番新しい時代設定」という。日本全体が窮していた時代を通じて「文化の価値」を読者に問いかけるミステリー作品だ。

 主人公の琴岡庄治は、「本の街」で知られる神田神保町で、古典籍を取り扱う専門業者。古典籍とは、明治維…

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです