メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

生まれては飛び去る蝶々=斉藤希史子

宮本亜門演出「蝶々夫人」の幕切れ=東京二期会提供

 日本人の新演出による「蝶々(ちょうちょう)夫人」が今秋、東京文化会館などで相次ぎ上演された。熊川哲也が手掛けたKバレエカンパニーの舞台(表題は「マダム・バタフライ」)と、東京二期会の宮本亜門版オペラ。ともに設定は原典を踏襲しつつ、主人公の亡父または遺児の存在に光を当て、物語の時空を広げていた。

 舞台は長崎。没落士族の娘・蝶々さんは米国士官ピンカートンと結ばれるが、彼には伴侶がいた。幼い息子を恋敵に託し、死を選ぶヒロイン――。この本筋に新演出は、それぞれプロローグを加えている。熊川版は時を10年ほどさかのぼり、蝶々さんの父の切腹場面を挿入。娘は形見の小刀に導かれるようにして、同じ最期を遂げるのだ。

 言語を用いないバレエでは、一挙手一投足に万感が込められる。特に蝶々役においては、無言であることが最…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  2. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  3. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  4. 五輪特需、延長頂きました スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  5. Dr.STONE テレビアニメ第2期の制作決定 「ジャンプ」の人気マンガが原作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです