メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Check!

第40回BKラジオドラマ脚本賞決まる NHK「FMシアター」で全国放送 最優秀賞・三谷武史さん「家鳴り」

第40回BKラジオドラマ脚本賞を受賞した(左から)菅浩史さん、三谷武史さん、八田明子さん=大阪市中央区で、倉田陶子撮影

 NHK大阪放送局が主催する新人脚本家の登竜門「第40回BKラジオドラマ脚本賞」が7日、発表された。神戸市の国家公務員、三谷武史さん(59)の「家鳴(やな)り」が最優秀賞に選ばれた。佳作は兵庫県尼崎市、菅浩史さん(50)の「いつもの待ち合わせの駅での奇跡」と横浜市の主婦、八田明子さん(57)の「六甲おろしの子守唄」との2作品だった。

 空き家となった実家の老朽化に直面する男の姿を描いた「家鳴り」を約1カ月で書き上げたという三谷さんは「大きな歴史ある賞に選んでいただき光栄です」と喜びを語った。空き家問題とともに描きたかったのは隣人との関係。「嫌韓、反日といった言葉が肥大化する空気を感じる中、わざわざ隣人が嫌がることをしなくてもいいという考えを読み取っていただいたのではないか」と話した。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 「パンデミックでない」WHO強調 新型コロナ感染拡大で危険性「最高」に引き上げ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 名古屋の訪問介護ヘルパーが新型コロナ感染 利用者の感染は確認されず

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです