メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくしま駅伝 福島市、14年ぶり総合V 全59市町村が参加 /福島

1位でフィニッシュする福島市の高橋佳希選手=福島市の県庁前で

 晩秋の中通り地域を走り抜ける第31回市町村対抗県縦断駅伝競走大会「ふくしま駅伝」(福島陸上競技協会、福島民報社主催、毎日新聞社など後援)が17日開かれ、1区からトップを守り続けた福島市が5時間2分43秒で14年ぶり8回目の総合優勝を飾った。町の部は石川町(総合6位)が4連覇、村の部は西郷村(同16位)が5年ぶり3回目の優勝。

 白河市のしらかわカタールスポーツパークから福島市の県庁前までの16区間94・8キロに、全59市町村の53チームが参加した。三島、金山、檜枝岐、湯川、昭和、川内、葛尾の7町村は連合チーム「希望ふくしま」で挑んだ。強風の中、中学生以上の男女でつくる郷土の代表が沿道の大声援を背にタスキをつないだ。

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1015文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. 全高18m、動く「実物大」ガンダムがついに横浜に 12月19日オープン

  3. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

  4. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

  5. 将棋 第79期名人戦A級順位戦 羽生善治九段ー佐藤天彦九段 第7局の2

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです