メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手・極真W杯 目指すは「闘う看護師」 東大阪・準Vの芦高さん /大阪

「子どもたちに憧れられるチャンピオンと闘う看護師を目指したい」と話す芦高侑平=大阪市福島区で、立石信夫撮影

 国際空手道連盟極真会館関西総本部に所属する芦高侑平さん(27)=東大阪市荒川2=が、ロシア・モスクワで10月に開かれた「第6回極真ワールドカップ」で準優勝を果たした。これまで全日本大会で3度優勝した実力者で、現在は看護専門学校に通う学生。「『闘う看護師』になって、これまでお世話になった人に恩返しがしたい」と目を輝かせている。

 極真空手は、突きと蹴りで全身(突きは顔を除く)を直接攻撃する激しい「フルコンタクト」武道として知ら…

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  4. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです