メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

継続は力なり

わかやま100年企業の挑戦 駒場工務店 働きやすい環境作りに力 建築技術、脈々と伝承 /和歌山

200年以上の歴史がある駒場工務店の本店社屋=日高町高津尾で、目野創撮影

 200年以上の歴史を紡いできた「駒場工務店」は、日高川町の山あいに本店社屋を構える。長い歴史に裏付けされた技術力と「社員を幸せにする経営」を企業理念に掲げ、常に新しい事に挑戦し続けている。

 同社のルーツは江戸時代後期の瓦職人、駒場徳平さん。2代目以降は大工として親から子へ、技術が脈々と伝承されていった。1961年に5代目で現在は会長を務める清浩さん(83)が建設会社を設立。2006年からは長男で1級建築士でもある6代目の一仁(かずひと)社長(56)が会社のかじ取りを任されている。

 地元で生まれ育った一仁社長は関西大を卒業後、大手ゼネコンに就職し、関西の多くの公共施設や大型ビルの建設に携わった。30歳で退職し、故郷に戻ってからは父の背中を見て仕事や経営者としての心得を学んだ。

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1220文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「海女の支援に」 アワビ稚貝と真珠のピンバッジが人気

  2. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  5. スタバ、9日から850店舗で休業 緊急事態宣言対象の7都府県

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです