特集

第100回高校ラグビー 長崎南山(長崎)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する長崎南山(長崎)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

県大会 長崎北陽台と長崎南山、23日決勝 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【長崎北陽台-佐世保工】後半15分、長崎北陽台の本山選手(中央)が相手をかわしながら疾走しトライ
【長崎北陽台-佐世保工】後半15分、長崎北陽台の本山選手(中央)が相手をかわしながら疾走しトライ

 第99回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の県大会は17日、大村市の県営放虎原ラグビー場で準決勝2試合があった。第1試合は第1シードの長崎北陽台が99―0で佐世保工を圧倒し、第2試合は第2シードの長崎南山が54―7で大村工に快勝した。両校の決勝での対戦は6年連続。昨年は長崎北陽台が勝利した。決勝は長崎市のかきどまり陸上競技場で、23日午後2時キックオフされる。【中山敦貴】

 長崎北陽台は前半12分、モールで押し込み、フッカー高平結大選手(2年)の先制トライで攻撃の口火を切った。勢いは衰えず、後半は公式戦初スタメンの左センター本山泰士選手(1年)も2トライ。佐世保工につけ入る隙(すき)を与えず、計15トライを挙げた。

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文838文字)

あわせて読みたい

注目の特集