メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

絶滅危惧種どう決める? 調査経て環境省が検討 生息数1万割れも基準=回答・五十嵐和大

日本の国蝶、オオムラサキ

 なるほドリ 日本の国蝶(こくちょう)、オオムラサキが絶滅(ぜつめつ)しそうなの?

 記者 環境省と日本自然保護協会は、各地の里山(さとやま)で当たり前のように生息(せいそく)していたオオムラサキなどのチョウ類87種の約4割に当たる34種が、この10年あまりで急減しているとの報告書を12日、発表しました。絶滅危惧種(きぐしゅ)に指定されてもおかしくないほどの減り方ですが、この結果だけで絶滅危惧種となるわけではありません。

 Q 絶滅危惧種ってどうやって決めるの?

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 奈良・橿原の殺人・放火 不明の男性が事件後、福岡のネットカフェに?

  5. 子供らに「補助犬知って」 シンシア主人公の紙芝居も 兵庫・宝塚でシンポジウム

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです