メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さあこれからだ

/168 台風被災者支援に知恵を=鎌田實

肉たっぷりの炊き出しの焼きそば=長野市で2019年10月、鎌田實さん提供

 全国に台風の爪痕が痛々しい。台風19号直後、諏訪中央病院から医師や看護師が派遣された。被災したときこそ、健康によく、おいしいものを食べて、体も心も温めてもらいたいと思い、約2週間後の先月下旬、ぼくが代表をしている二つのNPO、日本イラク医療支援ネットワーク(JIM―NET)と日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)が、避難所の長野市立豊野西小学校で炊き出しをした。

 強い味方がいる。長野県茅野市のステーキハウス「レストラン ピーター」は、3兄弟がシェフをしている。長男はステーキ、次男は和食でうなぎを得意としている。三男はヨーロッパの大会で金賞を獲(と)るほどのソーセージを作っている。

この記事は有料記事です。

残り1290文字(全文1583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです