メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・山田祐一郎

つるつる道をゆく 岐阜のソウルフード

日本における中華そばの草分けとされる東京・浅草の「来々軒」(現在閉店)の流れをくむ「丸デブ総本店」の一杯。大正時代の味を今も守る=筆者撮影

 大辞林によるとソウルフードとは「アメリカ南部の郷土料理。アフリカ系アメリカ人が奴隷制時代に工夫して作り上げていった料理をルーツにもつ」のだという。加えて「転じて、ある地域やエスニシティー(あるいは個人)にとって、日常の食生活で欠かすことのできない食材や料理のこと。日本人にとっての味噌(みそ)汁など」と記してあった。日本では「転じて――」のほうで頻繁に使われているが、そもそもの意味を踏まえると、みそ汁はちょっと違う気がする。アフリカ人の奴隷、そしてその子孫たちが、貧しい暮らしの中で手に入れられた食料で命をつないだ料理。それを思えば、ソウルフードの要件として「安くて腹いっぱいになる」という点は譲れない。

 「丸デブ総本店」(岐阜市日ノ出町)は大正6(1917)年創業の中華そば店。大衆に根付き、時代ととも…

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1196文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです