メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

「桜を見る会」の前夜祭などについて記者団への応対を終えようとして、さらに質問されて振り返る安倍晋三首相=首相官邸で2019年11月18日午前10時2分、川田雅浩撮影

[PR]

 安倍晋三首相は18日午前、「桜を見る会」の前夜に東京都内のホテルに後援会関係者を集めて開かれた「前夜祭」に関し、開催費用の総額などが分かる明細書はないと説明した。「事務所の方に確認しているが、そういったものはないということだ」と述べた。首相官邸に出邸した際、記者団の問いかけに答えた。前夜祭の参加者数は「約800人」だったと語った。

 前夜祭の会費5000円に関しては「食事代は安倍事務所にも後援会にも入金はなく、領収書も発行していない」と改めて説明した。野党が求める国会での説明に関しては「国会対応は党に全て任せている」と述べるにとどめた。【堀和彦、宮原健太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今年の漢字は「令」

  2. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  3. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  4. オンライン「人狼ゲーム」に数万回投稿 偽計業務妨害容疑で高校生書類送検

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです