ヤフーLINE、20年10月までに統合 「PayPay」「LINEペイ」は維持

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 検索サービス「ヤフー」を展開するZホールディングス(HD)と無料通信アプリ大手LINEは18日、経営統合について基本合意したと発表した。2020年10月までの統合完了を目指す。計1億人超の利用者基盤を作り、米中の巨大IT企業に対抗する。

 ZHD株式の4割超を持つソフトバンクと、LINE株式の7割超を持つ韓国ネイバーが折半出資する合弁会社の傘下に、ZHDを置く。ZHDは上場を継続し、その下にヤフーと、非上場化したLINEを100%子会社としてぶらさげる。

 ZHDの川辺健太郎社長とLINEの出沢(いでざわ)剛社長をZHDの代表取締役共同最高経営責任者(CEO)とし、そのほかの取締役はZHDとLINE双方から2人ずつと、社外取締役4人で構成する。社長には川辺氏が就く。東京都内で開いた記者会見で川辺氏は「日本・アジアから世界をリードするAI(人工知能)技術企業を目指す。(米中に次ぐ)第三極として大きな相乗効果を生み出していきたい」と意欲を語った。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文756文字)

あわせて読みたい

注目の特集