メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

54億円超の資産家に課税し格差を是正する富裕税 米大統領選で注目

ウォーレン上院議員=AP

 米国で、来年の大統領選に向けた民主党有力候補者の一人、エリザベス・ウォーレン上院議員が提唱する「富裕税」構想が関心を集めている。米国では過去にも同様の議論が浮上したことがあり、格差拡大に加え「富裕層が適正な税負担をしていない」といった不満が背景にある。

 「富裕層は素晴らしいアイデアで富を築いたが、その事業には(税金で)教育された従業員、道路や橋が活用された」。ウォーレン氏は10月中旬の討論会で、富裕層への課税強化の必要性を訴えた。

 医療制度改革や学生ローンの支払い免除など格差是正を主張するウォーレン氏が、その財源の一つとして掲げ…

この記事は有料記事です。

残り1798文字(全文2066文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです