メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

54億円超の資産家に課税し格差を是正する富裕税 米大統領選で注目

ウォーレン上院議員=AP

 米国で、来年の大統領選に向けた民主党有力候補者の一人、エリザベス・ウォーレン上院議員が提唱する「富裕税」構想が関心を集めている。米国では過去にも同様の議論が浮上したことがあり、格差拡大に加え「富裕層が適正な税負担をしていない」といった不満が背景にある。

 「富裕層は素晴らしいアイデアで富を築いたが、その事業には(税金で)教育された従業員、道路や橋が活用された」。ウォーレン氏は10月中旬の討論会で、富裕層への課税強化の必要性を訴えた。

 医療制度改革や学生ローンの支払い免除など格差是正を主張するウォーレン氏が、その財源の一つとして掲げ…

この記事は有料記事です。

残り1798文字(全文2066文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです