あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
毎年恒例のアンコウのつるし切り=茨城県大洗町港中央で、2019年11月17日、韮澤琴音撮影
毎年恒例のアンコウのつるし切り=茨城県大洗町港中央で、2019年11月17日、韮澤琴音撮影

 茨城の冬の味覚、アンコウを一足早く堪能できる「大洗あんこう祭」が17日、大洗マリンタワー前芝生広場(大洗町港中央)で開かれた。町の人口の約8倍にあたる過去最多の約14万人が県内外から訪れ、熱々のアンコウ鍋やアンコウ汁を楽しんだ。

 あんこう祭は毎年11月中旬に開催され、今年で23回目。2012年からは大洗町が舞台のアニメ「ガールズ&パンツァー」のトークイベントも開催し、来場者が大幅に増えている。今回はガルパンの声優5人をはじめ、プロレスラーで大洗大使を務める蝶野正洋さんも登場して盛り上げた。

 恒例の「つるし切り」は大洗町の旅館の調理師が担当。アンコウは体が大きく、表面にぬめりがあるため、まな板での調理は難しいという。重さ約15キロのアンコウを縄でつるし、えら、ぬの(卵巣)、胃など部位ごとにさばいていった。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文659文字)

あわせて読みたい

注目の特集