メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「天災なく実りの多い年」祈り ネズミのえと凧作りも追い込み

 北九州市戸畑区の凧(たこ)工房「カイトハウスまごじ」で、来年のえと「子(ね)」にちなんだ凧作りが追い込みに入り、愛らしいネズミの顔や「子」の文字を描いた色とりどりの凧が店舗兼作業場を彩っている。

 祖父が戦後、本格的に始めた工房の2代目、竹内義博さん(76)が福岡県産の竹で組んだ骨組みに和紙を張り、…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 家庭内、会食、職場内…感染広がり「混合型、今が瀬戸際」 都内で新たに107人

  2. NHK、衛星放送含めた受信料全体の見直しを検討 有識者会議の提言受け

  3. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  4. 東京都「夜の街」への外出自粛要請 107人感染で知事「拡大警戒要する段階」

  5. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです