「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今回の社会実験について案内するウェブページ=Plasmaのウェブサイトから
今回の社会実験について案内するウェブページ=Plasmaのウェブサイトから

 報酬20万円で1カ月間にわたり私生活の動画を撮影、収集する社会実験を計画しているIT会社「Plasma(プラズマ)」(東京都目黒区、遠野宏季社長)は18日、参加希望者の一部(約500人)に対し、別の参加者のメールアドレスが見られる状態でメール送信するミスがあったと発表した。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

 同社によると、ミスがあったのは17日午後11時ごろに送信したメールで、書類選考に落ちた人に落選を通知するメールだった。複数人にメールを送る際、本来「BCC」で送らなければならないところを、誤って「CC」で送り、他人のメールアドレスが見られる状態になっていた。遠野社長自身がメールを送信。直後に自分で気づき、メールで謝罪した。今後、1人当たり1万円の賠償金を支払う予定という。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文691文字)

あわせて読みたい

注目の特集