メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井七段が30年ぶりタイトル挑戦最年少記録なるか 王将戦リーグ、19日一斉対局

 渡辺明王将(35)への挑戦をかけた第69期大阪王将杯王将戦リーグ(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛)の最終3局が19日、東京都渋谷区の将棋会館で一斉に行われる。4勝1敗で首位に並ぶ広瀬章人竜王(32)と藤井聡太七段(17)が対戦し勝者が挑戦者となる。藤井が勝った場合、来年1月の王将戦七番勝負開幕を17歳5カ月で迎えることになり、屋敷伸之四段(当時、現九段)が1989年12月の棋聖戦で記録した17歳10カ月を上回るタイトル挑戦最年少記録となる。

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです