メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もしかしたら…スマホで子どもに「急性内斜視」の可能性 両目で物を見ると二重に

急性内斜視の患者。右側の瞳が内側に寄っている=三輪書店提供

 両目で物を見ると二重だが、片目では正常――。そんな人は、急性内斜視の恐れがあるので注意が必要だ。片方の瞳が内側にずれる病気で、これまで少なかった子どもたちに多発しているという。専門家も心配するその理由とは。

 埼玉県に住む高校1年の女性(16)が、異変に気付いたのは2年前。母親(46)から「右の瞳が内側に寄っている」と指摘された。以前から物が二重に見える症状があったため気にとめず、近隣の眼科に通って様子を見ていた。だが、昨年12月に順天堂医院で根岸貴志准教授の診察を受けたところ、急性内斜視の可能性を指摘された。

 珍しい急性内斜視がなぜ起こるのか。原因はスマートフォンとみられる。女性は小学6年の時にスマホを購入…

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

  5. ORICON NEWS これ、許諾大丈夫? 宮川大助師匠が出演する異色のコラボ動画が話題、キレキレのパロディダンスも披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです