連載

リモートワーク最前線

インターネットや柔軟な働き方の導入で「会社から離れて働く」ことが注目されています。「働くこと」はどう変わる?

連載一覧

リモートワーク最前線

仕事と休暇のベストミックス「ワーケーション全国組織」発足 誘致合戦で選ばれるには何が必要か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
設立総会にはワーケーションを推進する企業も集まった。テレワーク制度があったから子育てと仕事を両立できたというNECソリューションイノベータの森山由縁さん=東京都千代田区で2019年11月18日午前11時8分、今村茜撮影
設立総会にはワーケーションを推進する企業も集まった。テレワーク制度があったから子育てと仕事を両立できたというNECソリューションイノベータの森山由縁さん=東京都千代田区で2019年11月18日午前11時8分、今村茜撮影

 仕事(ワーク)と休暇(バケーション)を組み合わせた「ワーケーション」という新しい働き方を、各地で盛り上げようという自治体の全国組織「ワーケーション自治体協議会(通称ワーケーション・アライアンス・ジャパン(WAJ)」が18日、発足した。和歌山県と長野県が呼びかけ、北海道など全国の65自治体が集結。共同でワーケーション体験会開催や情報発信をし、ワーケーションの知名度を向上させ、都会から地方へ人を呼び込む。地方経済活性化など自治体にメリットの多いワーケーション。利用者を呼び込もうと自治体は誘致に尽力するが、どこでも働ける時代に、あえて働く場所として選ばれるには何が必要なのだろうか。【今村茜/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2507文字(全文2817文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集