メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リモートワーク最前線

仕事と休暇のベストミックス「ワーケーション全国組織」発足 誘致合戦で選ばれるには何が必要か

設立総会にはワーケーションを推進する企業も集まった。テレワーク制度があったから子育てと仕事を両立できたというNECソリューションイノベータの森山由縁さん=東京都千代田区で2019年11月18日午前11時8分、今村茜撮影

 仕事(ワーク)と休暇(バケーション)を組み合わせた「ワーケーション」という新しい働き方を、各地で盛り上げようという自治体の全国組織「ワーケーション自治体協議会(通称ワーケーション・アライアンス・ジャパン(WAJ)」が18日、発足した。和歌山県と長野県が呼びかけ、北海道など全国の65自治体が集結。共同でワーケーション体験会開催や情報発信をし、ワーケーションの知名度を向上させ、都会から地方へ人を呼び込む。地方経済活性化など自治体にメリットの多いワーケーション。利用者を呼び込もうと自治体は誘致に尽力するが、どこでも働ける時代に、あえて働く場所として選ばれるには何が必要なのだろうか。【今村茜/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2507文字(全文2817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです