メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

両親に届いたトヨタ自動車からの回答書

 トヨタ自動車の男性社員(当時28歳)が自殺したのは、上司のパワーハラスメントで発症した適応障害が原因だとして、労災認定された。優秀と評価された若手技術者だったが、パワハラで精神的に追い詰められ、入社3年目で命を絶った男性。遺族は「二度と同じような被害者を出してほしくない」とトヨタ側に求めている。

 「会社ってごみや。死んだ方がましや」。男性は2017年10月に亡くなる3カ月前、両親にそんなメールを送っていた。

 15年4月に入社した男性は自動車販売店や工場での研修を終え、16年3月に車両を設計する部署に配属された。当時の上司は「一番優秀だと思って配属した」と評価していたという。

 しかし、配属先の上司から日常的に…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです