特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

「やるしかない」と覚悟の中京大中京・中島優、サヨナラ打放つ 明治神宮大会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【天理-中京大中京】九回裏中京大中京2死満塁、右前にサヨナラ打を放ち拳を突き上げる中島=神宮球場で2019年11月18日、滝川大貴撮影
【天理-中京大中京】九回裏中京大中京2死満塁、右前にサヨナラ打を放ち拳を突き上げる中島=神宮球場で2019年11月18日、滝川大貴撮影

明治神宮野球大会高校の部 ▽準決勝 ○中京大中京10―9天理●=18日、東京・神宮球場

 第50回記念明治神宮野球大会は18日、東京・神宮球場で高校の部の準決勝が行われ、中京大中京(東海・愛知)が天理(近畿・奈良)にサヨナラ勝ちし、初の決勝に進んだ。20日の決勝で健大高崎(関東・群馬)と対戦する。

 同点の九回2死満塁で左打席に立った中京大中京の2番・中島優(2年)は「チャンスは好きではない」と明かす。それでも「やるしかない」と覚悟した。天理の2番手左腕・吉岡大誓(2年)のスライダーを振り切ると、打球は一、二塁間を…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る