メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外玉沢元農相、自宅前で撃たれる 80代男が出頭 命に別条なし
特集ワイド

超C級映画で「電車を止めるな!」 銚子電鉄、再建へ「ぬれ煎餅」「まずい棒」に続き

安全確認をする竹本勝紀社長=千葉県銚子市で、宮本明登撮影

 「電車屋なのに、自転車操業」。そう言ってはばからず、自虐ネタを生かした商品開発やユニークな企画で経営危機に立ち向かう千葉県銚子市のローカル鉄道「銚子電鉄(銚電)」が、今度は映画製作に乗り出した。またしても切実な事情があるらしい。タイトルはズバリ、「電車を止めるな!」。【和田浩幸】

変電所改修費捻出のため

 映画の舞台は銚電の車内。深刻な経営難を乗り越えようと同社がひねり出した「心霊電車」の企画に、すねに傷を持つ心霊アイドルや怪談師などが参加する。社員総出の演出もむなしく、「やらせ」がばれてしまうのだが、その後本物の心霊現象が起きて車内はパニックに――。

 主に無名の役者を起用し、製作費約2000万円はクラウドファンディングや企業の協賛金などで賄う。文筆家の寺井広樹さんの原作を基に、社長の竹本勝紀さん(57)が自ら脚本に加わった。寺井さんといえば経営状態が「まずい」という自虐を込めたネーミングが話題となって、昨年8月から100万本以上を売り上げたスナック菓子「まずい棒」の考案者。夏休み恒例の「お化け屋敷電車」のプロデュースも手がけ、同社に欠かせないビジネスパートナーだ。

 それにしても、タイトルから製作の裏側まで、あの作品にそっくりではないか。ホラーに見せかけたコメディー映画、昨年大ヒットした「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)のことである。製作費300万円で30億円超の興行収入を記録した、あのヒット作にあやかりたいという映画ですか? 率直に疑念をぶつけると…

この記事は有料記事です。

残り2242文字(全文2879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

  4. 織田信成さんが関大コーチを提訴「悪弊へ一石投じる思い」

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです