メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

ディーン・デュボア 「この10年妥協せず」 アニメ「ヒックとドラゴン」完結

 人間と竜たちの壮大なアニメーション映画「ヒックとドラゴン」の3部作が完結した。2010年の「ヒックとドラゴン」、14年の「ヒックとドラゴン2」、そして最後を飾る最新作「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」(12月20日公開)と長きにわたったプロジェクトを監督として率いたのはディーン・デュボア。「リロ&スティッチ」など世界的ヒット作でも知られる49歳のカナダの名匠は、「大人へと成長する少年の普遍的なストーリーを約10年間、決してぶれずに描き続けることが一番の挑戦だった」と話す。

 かつては敵同士だった人間とドラゴンが平和に共存する世界で、弱虫のバイキングの少年、ヒックがドラゴン…

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1127文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕 

  2. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです