メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

となりのファーマー

/44 乾農園(大阪府富田林市) 笑顔も耕すエビイモ畑

畑でエビイモを手に笑う乾裕佳さん

 京都の伝統野菜として知られるエビイモだが、実は大阪府富田林市にも本場をしのぐ味とも絶賛される産地がある。収穫のピークを迎える乾農園にお邪魔した。

 近鉄富田林駅から南に車で約10分。大和川水系の石川沿いに広がる西板持町は、水源と水はけの良い土に恵まれた農業地帯だ。秋晴れの空の下、乾農園4代目の乾裕佳さん(44)が明るい笑顔で迎えてくれた。「収穫作業はお日さんと相談して、週1回のペースで。今日はちょうど掘り終わるとこ」と聞き、早速エビイモ畑へ。

 連作障害が出るので、毎年違う畑を使う。エビイモとナス、米を順番に育てるのだ。今年は5カ所の畑に45…

この記事は有料記事です。

残り1615文字(全文1888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  3. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです