メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

産後の母子支えます 横浜・専門看護師がケア団体 自宅訪問、「教室」で育児相談 /神奈川

笑顔を交えながら参加者と子育ての疑問や悩みを話す金城さん(右端)=横浜市港北区で

 産後の母子を専門の看護師がサポートする「産後ケアステーション横浜OHANA」が、横浜市内に開設された。母子ともに精神的に不安定になりやすいといわれる産褥(さんじょく)期(産後6~8週間)を専門に支える看護師「ナーシングドゥーラ」が、母子のサポートにあたる。代表の金城奈津子さん(36)は「出産前後の生活や子育てがうまくいったかどうかは、女性の一生を左右するとも言われている。一番大事な時期を支えられたら」と話している。

 「化粧水とか、どこまでケアしたらいいですか。ネットだと情報がありすぎて何が正解か分からなくて」。先…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです