メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドラマ「ピンぼけの家族」諏訪地域でロケ NHK長野局制作・来年3月放送 /長野

ロケ地となった写真展会場で撮影に応じる泉澤祐希さん(中央)、南沙良さん(左)、柄本明さん=長野県茅野市塚原1の茅野市民館で

 NHK長野放送局が諏訪地域でのオールロケで制作する信州発地域ドラマ「ピンぼけの家族」の記者会見がこのほど、ロケ地の茅野市民館(茅野市塚原1)であった。主演の泉澤祐希さんは「諏訪に来たのは初めて。台風19号で被災された皆さんを元気づけられるドラマに」。南沙良さんは「写真や諏訪の魅力や美しさを伝えていきたい」。柄本明さんは「台風で大変な状況の人が多いでしょうが、こういうドラマを作って何か助けになれば」などと作品への思いや意気込みを語った。

 長野局の地域発ドラマは2014年1月放送の「木曽オリオン」以来2作目。今回は、かつて「東洋のスイス」と呼ばれ世界に誇るフィルムカメラの生産地として一時代を築いた諏訪地域が舞台。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  3. 電通が本社勤務の5000人を在宅勤務に 50代社員の新型コロナ感染で 最低2週間

  4. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  5. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです