メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新聞記者、銃をとる

新米猟師奮闘記/23 鹿狩り解禁、第1発で /滋賀

作画=マメイケダ

 来たー。川辺で待ち構えていた私は、上流でパシャパシャという水しぶきの音があがるのを聞いた。シカだ。すでに、その10分ほど前から、同じ方向から犬のほえ声が聞こえていた。しかし、犬のほえ声はそれまでにも何度か、近づいてきては遠ざかり、近づいてきては遠ざかりを繰り返し、そのうちに聞こえなくなっていた。今回もまた遠ざかるかも、とも思いながら、上流を凝視し耳をそばだてた。

 今シーズン初の「巻き狩り」に仲間4人と出かけたのは、11月10日だった。1日にイノシシ、シカの狩猟…

この記事は有料記事です。

残り979文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  2. 和歌山市の5分の1の世帯が19~22日に断水 漏水の修繕工事で

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  5. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです