メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

研究現場は今

第1部 博士/7 企業勤務も一長一短 景気悪化で変わる形態 /京都

「ノーベル賞の館」と呼ばれる京都大の旧石油化学教室本館。湯川秀樹さんや福井謙一さんもここで学んだ=京都市左京区で、菅沼舞撮影

 今年のノーベル賞では、リチウムイオン電池を開発した旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)の化学賞受賞が決まり、日本人のノーベル賞受賞者は吉野さんを含め27人(外国籍2人含む)となった。京都大出身の吉野さんは、アジア初のノーベル化学賞を受賞した福井謙一博士の孫弟子に当たる。修士課程修了後、旭化成で企業研究者として電池開発に取り組み、2005年に大阪大から博士号を取得した「論文博士」だ。

 博士号は学術研究の基礎的な能力を身につけた人に大学が与える最高の学位で、原則として修士課程を含め大…

この記事は有料記事です。

残り1212文字(全文1456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 「側近もあぜん」首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです