メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法17年 野崎駅前版、「ユニバーサル地図」改訂へ /大阪

ユニバーサルマップ作りのため、視覚障害者と商店街を調査する大阪産業大学生ら=大東市内で、山本真也撮影

学生と障害者が追加調査 来月、介助犬イベントで公開

 大東市の大学生らが、障害者と一緒に同市のJR野崎駅周辺を歩き、ユニバーサルマップ作りを進めている。マップは12月1日にアクティブ・スクウェア・大東(野崎駅徒歩5分)で開かれる「介助犬のひろばin北河内2019」に合わせてネット公開する。【山本真也】

 「介助犬のひろば」は、障害者をサポートする身体障害者補助犬(介助犬、盲導犬、聴導犬)について楽しく学ぼうと、市民らが13年から実行委員会をつくって開催してきた。7回目の今年は3種の補助犬のデモンストレーション、訓練犬との触れ合い、介助犬使用者の山内稔さんの話と絵画展、盲導犬使用者の三谷アキヨさんの落語とオカリナ演奏、手話シンガーの安藤一成さんのミニコンサート、クイズラリーなどを予定している。

 マップはJR四条畷駅や忍ケ丘駅、住道駅など、その年の「介助犬のひろば」の開催地の最寄り駅周辺を取り上げてきた。店や公共施設について、補助犬を連れた障害者や高齢者、子供連れ、外国人など誰でも気持ちよく利用できるかという視点で、段差や障害者用トイレの有無、外国語や筆談対応可能かなど20項目近くを調査。災害で帰宅困難時にトイレを借りたり、休憩できるかも尋ね、地図とともに一覧表にまとめている。「車椅子の…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文1032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです